中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント! 鉄人の英知を結集した志望校別攻略本プレゼント!
中学受験鉄人会
合格100%

2016.4. 28配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
四谷大塚・早稲田アカデミー 予習シリーズ算数上6年第9回・5年第10回攻略ポイント!

<算数 6年上 第9回 >

第9回は『総合』です。

【攻略ポイント1】

「基本問題2」は、割り算のあまりについての問題です。

  1. 125÷18=6あまり17より、125*18=17となり、310÷17=18あまり4より、310*17=4です。よって、17÷4=4あまり1となりますので、17*4の答えは1です。
  2. 30*x=6は、30÷x=○あまり6となるxを求める問題です。(30−6)÷x=○となりますから、xは(30−6=)24の約数のうちで、6より大きい数となります。24の約数{1、2、3、4、6、8、12、24}の中で6より大きい数は、8、12、24の3つです。したがって、xは8、12、24です。
  3. y*7=4にあてはまるyは、yが(7−4=)3だけ大きければ、7で割り切れます。同様に、y*8=5にあてはまるyは、yが(8−5=)3だけ大きければ、8で割り切れます。よって、(y+3)は、7と8の公倍数です。7と8の最小公倍数は、56ですから、56−3=53より、yの最小の数は、53です。
  4. 39*Z=3より、Zは(39−3=)36の約数ですから、{1、2、3、4、6、9、12、18、36}のうち、3より大きい数です。また、Z*5=1の式から、Z=5×○+1より、Zは5の倍数に1をたした数です。よって、どちらも満たすZは、6、36です。
【攻略ポイント2】

「練習問題1」は、円すいの問題です。

  1. 円すいを底面に平行に高さが半分のところで2つの立体に切り分けます。このとき、切断面の上側の立体をa、下側の立体をbとしますが、この小円すいaと、もとの円すい(a+b)は相似です。高さが1:2となりますが、この数は、相似比(対応する長さの比)です。相似な立体では、体積比は、相似比をそれぞれ3回掛け合わせた比となりますので、a:(a+b)=(1×1×1):(2×2×2)=1:8となります。よって、a:b=1:(8−1)=1:7より、立体aと立体bの体積比は、1:7です。
  2. もとの円すいの展開図を考えます。円すいの側面は展開すると、おうぎ形です。おうぎ形の中心角は、「母線:半径=360:中心角」の公式により、12:3=360:□から、□=3×360÷12=90度となります。よって、もとの円すいの側面を展開すると四分円になります。糸を最短に巻きつける場合、展開図において、糸は直線になりますので、糸より上の部分は、1辺の長さが(半径である)12pの直角二等辺三角形となります。そこから、半径(12÷2=)6cmの四分円の面積を引いた面積を求めることになります(解答解説の図を参考して下さい)。12×12÷2−6×6×3.14÷4=72−28.26=43.74より、糸より上の部分の側面積は、43.74平方cmです。
【攻略ポイント3】

「練習問題2」は、速さと比の問題です。

  1. 弟が出発してから4分後に兄が出発して、兄は弟に5分で追いつきます。つまり、兄が5分で進む距離を、弟は4+5=9分で進むことになります。距離が等しいとき、速度比は時間比の逆になりますから、1/5:1/9=9:5より、兄と弟の速度比は、9:5です。
  2. 距離比÷速度比=時間比より、兄が3周、弟が2周するのにかかる時間比は、(3÷9):(2÷5)=5:6です。弟は兄より4分多くかかっていますから、4分÷(6−5)×5=20より、兄は20分で3周しました。兄の速度は、1.6km×3÷20分=0.24km/分です。この速度で5分進んだところで弟を追いこしますから、その距離は出発してから0.24km/分×5分=1.2kmです。しかし、1周は1.6kmですから、短い方は、1.6−1.2=0.4より、0.4kmとなります。

<算数 5年上 第10回 >

第10回は『総合』です。基本問題において、第6回から第9回までの基本が理解できているか、確認しましょう。

【攻略ポイント1】

「基本問題 第6回の3」は、円の問題です。

  1. 頂点Bを中心とする四分円の半径をa cm、頂点Cを中心とする四分円の半径をb cmとします。頂点Dを中心とする四分円の半径は2cmです。aとbの和は、辺BCの長さですから、a+b=10cmです。また、aとbの差は、長方形のたての長さで考えると、a−b=2cmです。和差算により、aの長さは、(10+2)÷2=6cmとわかります。また、bの長さは、10−6=4cmです。かげの部分のまわりの長さは、3つの四分円の弧の長さと、辺AD上の直線の長さの合計です。 (6+4+2)×2×3.14÷4+(10−2)=6×3.14+8=18.84+8=26.84より、かげの部分のまわりの長さは、26.84cmです。なお、まわりの長さを求める問題では、鉛筆やシャープペンでまわりをなぞることをお勧めします。まわりをなぞることで、まわりの長さにはどの部分が含まれるかがミス無くわかります。弧の長さに気が向いて、直線部分を入れないミスが多くありますので気をつけましょう。また、この問題の前の2の問題でも、まわりをなぞることで、つながる部分が判断できて、計算がまとまります。
  2. 長方形の面積から3つの四分円の面積を引いて求めます。長方形の面積は、6×10=60平方cmです。3つの四分円の面積の合計は、(6×6+4×4+2×2)×3.14÷4=14×3.14=43.96平方cmです。よって、60−43.96=16.04より、かげの部分の面積は、16.04平方cmです。
【攻略ポイント2】

「練習問題2」は食塩水の問題です。

  1. 6%の食塩水120gに含まれる食塩の重さは、120×6/100=7.2gです。15%の食塩水240gに含まれる食塩の重さは、240×15/100=36gです。よって、(7.2+36)÷(120+240)×100=12より、食塩水Aの濃さは、12%です。
  2. 最後の食塩水の重さは、初めの食塩水の重さと同じ360gで、濃さが8%になりましたので、360×8/100=28.8より、食塩の重さは28.8gになりました。7.2+36−28.8=14.4gの食塩が捨てた食塩水に含まれていたことになります。濃さは12%でしたから、整頓すると、□×12/100=14.4となります。よって、□=14.4÷12/100=120より、捨てた食塩水Aは120gとわかります。このような食塩水の問題では、過程をしっかり式にできるように、練習を重ねましょう。
【攻略ポイント3】

「練習問題5」は差集め算です。文字を使って整頓します。チョコレートをA個買ったとすると、アメは(A+6)個買ったことになります。アメの代金をP円とすると、チョコレートの代金は(P+150)円となります。式にすると、アメは20円×(A+6)=P円、チョコレートは50円×A=(P+150)円となります。チョコレートの買った個数にそろえると、アメの代金は、6個分安くなりますから、P−20×6=(P−120)円となります。個数の差と代金の差の関係をわかりやすくするためには、2つの式を縦に並べてかくとよいでしょう。アメとチョコレート1個ずつの値段の差(1つ分の差)は50−20=30円で、代金の差(全体の差)は、120+150=270円です。よって、270÷30=9より、チョコレートを9個買ったことがわかります。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

お電話での問い合わせ、資料のご請求はこちらから

中学受験鉄人会から父母の皆様へ

我が子をより良い教育環境に置くために、また将来の大学受験を有利に迎える為に、中学受験を決意することは我が子を愛する親の義務と言っても過言ではありません。そして、望んで中学受験の道を選んだからには100%合格させなければなりません。その中学受験で「合格」を勝ち取った経験や、私立中学でのさまざまな経験、良質な教育がお子さんにとって一生の宝物になるからです。

だからこそ、中学受験には抜群の合格実績を誇る、われわれ鉄人会の『中学受験専門プロ家庭教師』をお選び頂きたいのです。常に「鉄人会3大ポリシー」、「100%合格」を胸に、親御さんからお子さんへの「中学受験合格」という「最高のプレゼント」を私どもプロ家庭教師の中学受験鉄人会がしっかりと届けます!

中学受験鉄人会では、実際に担当できるプロ家庭教師の模擬授業を無料で受けて頂いた上で、指導をスタートしてよいかどうかをご判断頂く流れとなっております。担当のプロ家庭教師が決定して指導開始が決定するまで一切費用はかかりません。まずはぜひ、われわれ鉄人会プロ家庭教師の指導力を実感してください!

父母の皆様、ぜひ、大切なお子さんのご指導を、われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師にお任せください!

プロ家庭教師の中学受験鉄人会
主幹 長浜亮

家庭教師の中学受験鉄人会
『3大ポリシー』


G(がんばる)W(ウィーク)短期コース
SAPIX 6年生マンスリー/算数攻略ポイント
SAPIX 6年生マンスリー予想問題